2017年1月26日 更新

バスタイムでダイエットをしませんか?

毎日かかせないバスタイムの時間。 どうせお風呂にはいるのならば効率よく代謝をあげてダイエットをしませんか?

バスタイムでダイエットをしませんか?

 (9331)

毎日かかせないバスタイムの時間。

どうせお風呂にはいるのならば効率よく代謝をあげてダイエットをしませんか?

やせるお風呂の術をご紹介します♡

ダイエット効果UPのバスタイム術♡

・入浴前に温かい飲み物で代謝UP

 (9332)

お風呂に入る前にコップ一杯の温かい飲み物を飲みましょう。

血行促進効果や代謝を上げる効果があります。

特にオススメはしょうがをいれた飲み物♡

ハチミツとしょうが湯や、しょうが紅茶など。

あなたの好みの組み合わせを見つけてみて下さい♡

・ぬるま湯につかりましょう

 (9334)

熱いお湯につかったほうが、汗が出ると思っていませんか?

しかしその考えはNG。

ぬるま湯につかるほうが、長時間つかれて、体の芯から温めることが出来ます。

また、代謝UP効果があります。

目安としては時間よりも額に汗が出てきたぐらいにあがるのがベストです♡

・就寝2時間前を目安に入りましょう

 (9337)

人間の体は、体温が少しずつ低下するたびに眠気を感じるとされています。

そのため、就寝2時間前を目安にお風呂に入ることによって体温低下をうまく調整することが出来ます♡

深い眠りをとることで、ホルモンバランスを整えることが可能なのでやせやすい体になります。

・湯船の中でマッサージを♡

 (9336)

湯船の中で二の腕や方、首、ふくらはぎをマッサージしましょう。

バスタイム中は血行がよくなっているのでむくみや凝りをほぐす効果が期待できます。

自分自身のその日の疲れによって強さや長さを変えてトライしてください♡

・入浴剤を入れて効果UP

 (9335)

スーパーやドラッグストアなどでも様々な香りや効果のある入浴剤がたくさん手に入れることができます。

保温系のものは、入浴後も体をぽかぽか保つので冷え性の方にはオススメです。

また、香りはリラックス効果が抜群なので嫌なことがあったときや悲しいときなどお風呂で癒しの時間を設けてみてはいかがでしょうか?

色のつくものは、気分を上げてくれるので楽しいときやうきうきしている時などさらにモチベーションを上げることが出来ます。

・生理中は足浴がおすすめ

 (9333)

生理中でも湯船につかるのはもちろんOKです。

しかし、いつもシャワーですませてしまっている方やあまりお風呂に入りたくない方は足浴がオススメです。

42度ぐらいのお湯に10分つかるだけで体は温まりますし、血行も良くなります♡

やせるお風呂の入り方!ぜひお試しを♡

 (9338)

ダイエット効果UPのバスタイム術をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

どれも簡単に出来るものばかりなので、ぜひあなたのライフスタイルに取り入れてみてください♡

いつものバスタイムをより快適に、効果的になることを願っています...♡

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冬の間に美人になりませんか?

冬の間に美人になりませんか?

お休みも多く、ゆっくりと過ごすことが出来る冬。 ついついだらけてしまいがちですが、努力を惜しまずに冬の間に美人になりませんか? 気を引き締めて、露出が多くなる季節にむけて美人になりましょう♡
Nemu |
ヨガウエアでモチベーションUP♡

ヨガウエアでモチベーションUP♡

在、幅広い世代から愛されるヨガ。健康と美容に大変良いとされ、ダイエット効果も期待出来ます♡ 上品で身に着けるだけで気分が上がるヨガウエアをご紹介します♡
Nemu |
冷蔵庫であなたの未来が分かる!『見直しダイエット』をしましょう♡

冷蔵庫であなたの未来が分かる!『見直しダイエット』をしましょう♡

冷蔵庫に入っているものは、いずれあなたが体内に取り入れる食べ物。 つまりあなたの未来が分かる食品が並んでいるということです。 一度冷蔵庫の中身を見直してダイエットをスムーズに始めてみませんか?
Nemu |
正しい髪と体の洗い方♡

正しい髪と体の洗い方♡

美容に気を使うことは、時間や手間、そして忍耐力が必要です。 きちんと体と髪を洗うことによってつるつるな肌をキープすることが出来ます。
Nemu |
【ホットヨガ】の効果を上げる方法♡代謝アップで美肌&ダイエット効果も♡

【ホットヨガ】の効果を上げる方法♡代謝アップで美肌&ダイエット効果も♡

ホットヨガは、代謝を上げて便秘解消や美肌効果、ダイエット効果が得られることでも有名です♡ そのホットヨガを行うにあたって、一工夫をするだけでより効果が上がります。 是非皆さんもトライしてみませんか?
Nemu |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nemu Nemu
ライター募集