2017年8月20日 更新

世界でダイナミックに活躍している日本のビジネスウーマン達

働く女性は魅力的です! 世界でダイナミックに仕事をしている日本人のビジネスウーマンをご紹介します。

世界で活躍するビジネスウーマン

 (37771)

近年は女性の社会進出が増え、国内に限らず海外でも多くの日本人ビジネスウーマンが活躍しています。

多くの男性ビシネスマンと同等に競い合い、男性とは異なった女性ならではの目線や観点から特徴を見出し、ビジネスを成功されている方が多いです。

世界をまたにかけ、男性と一緒に仕事をこなしビジネスを成功させているビジネスウーマンはとても格好良く憧れます。

世界を股にかけて活躍している日本人の企業の女社長を3名ご紹介します。

片山裕子さん

 (37769)

ベルギー・ブリュッセル市出身、上智大卒。

大学卒業後、フランスの航空会社にて客室乗務員として入社するが、2015年に仲間とともにAirSol(エアソル)を起業。

片山裕子さんはAirSol(エアソル)の社長を続けながら、現在もCA(客室乗務員)として活躍しています。

つまり二足の草鞋を履いているわけです。

片山裕子さんは元々、客室乗務員としてその社会人としてのキャリアを開始したのですが、

ある知人から相談を受けたことで人生の転機を迎えることになります。

その知人はある会社の経営者だったのですが、海外の市場調査にCAの片山裕子さんに実際の調査を依頼したそうです。

実は同様の依頼はよくCAにあるらしいのですが、それまでは専門外であることと、

未経験であることを理由に、ほとんどのCAは断っていたそうです。当然といえば当然ですね。

しかし、片山裕子さんはここからが違っていたのです。

彼女はCA仲間にくる様々な依頼を、CAのネットワークで解決する方法を考えました。

まず、依頼の窓口を一本化し、依頼内容によってソリューション(問題解決)に最適な人材とマッチングする仕組みを作ったのです。

そしてその仕組みを組織化し、今では日本人CAが約150名登録しているといいます。

現在もCAのスキルを活用し、海外に進出する日本企業をバックアップしています。

岩村水樹さん

 (37763)

東京大学卒業後、電通に入社し、その後様々なコンサルやベンチャー企業でキャリアを積みました。

2007年よりグーグル株式会社に勤務。グーグル株式会社のマーケティング本部長に就任し、

現在はグーグル専務執行役員兼アジア太平洋地域マネージングディレクターとして活躍しています。

まさに世界を駆け回るグローバルな活躍をしています。

彼女にとってのターニングポイントはやはりグーグルとの出会いだったようです。

グーグルの職場環境に触発された岩村水樹さんは「家族をチームに、チームを家族に」というスローガンのもと、

女性が仕事と家庭を両立させるためのスキームをつくることに尽力しています。

岩村水樹さんはこうも言っています。

「自分の人生のCEOになって」と。

彼女のようにグローバルに活躍する女性は、今の日本では珍しくなくなったと思いますが、

女性ならではの視点を生かし、ワールドワイズなビジネスにマッチさせていく視点の高さは見習いたいものですね。

佐々木芽生さん

 (37765)

1962年、札幌生まれ。ニューヨーク在住のドキュメンタリー映画監督・プロデューサー。

ハンプトン国際映画祭最優秀ドキュメンタリー作品賞。Tokyo Docs 2015最優秀企画賞。

佐々木芽生さんは冷戦崩壊後のベルリンの壁事件をきっかけに、なんと単身で東ヨーロッパへ渡ります。

そして現地から日本のマスコミにルポを連載することに成功します。

ベルリンの壁の崩壊は確かに歴史的事件ではありましたし、日本人にも大きな影響を与えた出来事ですが、

しかしそれをきっかけに海外にまで行く行動力を、果たしてどれだけの日本人が持っているでしょうか。

ものすごい行動力ですね。

その後の彼女は主に海外を中心にリポーターやドキュメンタリーの制作を行っています。

その間飛び回った国は世界40カ国以上になります。

2002年には独立プロダクションを設立していますので、まさに海外をまたに活動するビジネスマンとしても活躍の場を広げています。

まとめ

 (37772)

まだまだ、日本にはやり手女社長さんが沢山います。

世界で活躍する女社長の特徴は「女性ならでは」の視点でビジネス展開をしているところ。

「培ったスキルを普段とは違う方法で活かせるかもしれない」の着眼点は、仕事をする上で見習いたいですね。
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Emily Emily
ライター募集