2021年3月9日 更新

丸の内OL100人に聞いた!【ディープスロート】(喉奥フェラ)好きの女性は◯◯%!

丸の内OL100人に「ディープスロート】(喉奥フェラ)は好きですか」といった街頭アンケートを実施しました。その結果【ディープスロート】(喉奥フェラ)好きの女性は◯◯%に!美女たちに【ディープスロート】(喉奥フェラ)事情についてチェックしてみましょう。

【ディープスロート】(喉奥フェラ)が好きですか?

 (62470)

ディープスロートとは別名『喉奥フェラ』と呼ばれるセックスプレイのこと。

ペニスを喉の奥に入れ刺激することで、男性は強い快楽を得られるとされています。

今回Voyageでは「あなたはディープスロートが好きですか?」といった街頭アンケートを実施しました。

その結果、丸の内OLのディープスロート事情が丸裸に♡

体験談や本音もしっかりとチェックできるのでおすすめです。

ぜひこちらの記事でディープスロートにまつわるアレコレをチェックしましょう。

【ディープスロート】好きの女性は32%!

 (62445)

「彼が喜んでくれるので大好きです」(23歳女性)

「喉の奥まで入れると苦しい感覚が快楽に変わる瞬間があります♡やみつきです」(28歳女性)

「ディープスロートで彼が気持ちよくしている顔にうっとりします。好きですね」(30歳女性)

「主導権が私にあるのでとにかく燃えます。Mな彼にやってあげるのが大好物です」(26歳女性)

「喉の幅が広いのでラクラク楽しめます。フェラの延長でやることが多いです」(29歳女性)

「苦しいですが彼のリクエストなら...頑張れます!」(24歳女性)

彼に喜んで欲しい、と願う女性が多数♡

今回のアンケートで「ディープスロートが好き」と答えたのは約30%。

少数派であったものの特に多かったの「彼に喜んで欲しい」といった意見でした。

女性が優位にプレイを進めることができる&男性の反応もダイレクトに楽しめるプレイのため、

Sっ気の強い方や奉仕好きな女性にとっては大好物のプレイのようです♡

【ディープスロート】嫌いな女性は68%!

 (62444)

「とにかく苦しいです。こんな思いはもう二度としたくない...」(25歳女性)

「彼に無理矢理やらされたことがありトラウマです」(28歳女性)

「どちらかというと嫌いですね。彼もあまり気持ちよさそうにしてくれませんでした」(29歳女性)

「私は全体的に口や顔が小さいのでとても辛いプレイです」(31歳女性)

「フェラも苦手なのに、ディープスロートなんてとても嫌ですね」(28歳女性)

「アブノーマルなプレイやSM系は嫌いなので、ディープスロートはどうしても好きになれないです」(23歳女性)

【ディープスロート】は女性にとって過酷なプレイ!?

男性からするととても簡単そうに感じるディープスロートですが、

実は「辛い」「苦しい」といった肉体的負担が大きいプレイでもあります。

特に口周りの骨格が小さかたにとっては至難の業。

そのため「ディープスロートが嫌い」と答えた方が多かったようです。

【ディープスロート】は難易度の高いプレイ

 (62448)

丸の内OL100人に街頭アンケートをとったところ、

ディープスロートが好きな女性は約3割と少数であることが分かりました。

こちらのプレイは苦しさや痛みを伴う難易度のプレイのため、『番人受けしない』ということが判明!

男性が無理矢理強要することでトラウマになったり「二度とやりたくない」と思う女性も多いようです。

もしも男性がディープスロートを望んでいる場合は、優しくおねだりすると良いかもしません。

今回も街頭アンケートにご参加いただい丸の内OLの皆様、ありがとうございました。

次回のアンケート記事もお楽しみに。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ディープスロート】(喉奥フェラ)に対する女性の本音5連発!

【ディープスロート】(喉奥フェラ)に対する女性の本音5連発!

女性の喉の奥にペニスを入れるプレイ、それが【ディープスロート】(喉奥フェラ)よ。今回は【ディープスロート】(喉奥フェラ)に対する女性の本音をご紹介するわ。中々覗けない女性の本音をチェックしてみましょう。
Risa |
男性をイカせる【ディープスロート】のやり方〜喉奥フェラ・テクニック・練習方法まとめ〜

男性をイカせる【ディープスロート】のやり方〜喉奥フェラ・テクニック・練習方法まとめ〜

【ディープスロート】とは、女性が主体になって行うフェラチオの一種よ。こちらでは【ディープスロート】テクニシャンのRisaが、【ディープスロート】のやり方やテクニック、練習方法を伝授するわ♡ぜひ【ディープスロート】の魅力を発見してみてね!
Risa |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Emily Emily