2021年5月31日 更新

女性人気急増中♡【フリスクオナニー】の魅力&体験談5選

女性人気急増中の【フリスクオナニー】の魅力&体験談をご紹介するわ。これを読めば、【フリスクオナニー】に虜になる女性の気持ちが分かるはずよ♡ぜひあなたも【フリスクオナニー】の世界へ飛び込んでみて!

【フリスクオナニー】とは?

 (62720)

男性のみんな、最近話題になっている『フリスクオナニー』をご存知かしら?

フリスクオナニーとは、ミントタブレットを使う新感覚オナニーよ。

ミントならではのスーッとした感覚と、いけないことをしている背徳感がやみつきになるの♡

暑くなるこれからの季節にぴったりで、Risaも定期的に行っているわ。

今回はそんなフリスクオナニーの魅力や体験談を大公開するわ。

さああなたも、今話題のフリスクオナニーの世界へ足を踏み込んでみましょう!

【フリスクオナニー】は刺激たっぷり♡

 (62721)

フリスクオナニーの魅力は、なんといっても身体的な“刺激”を得られることよ。

男性には想像するのが難しいかもしれないけれど、

女性のアソコってとても敏感で、少量のフリスクでも十分気持ち良くなれるの。

このスーッと弾けるような感覚に、Risaも虜になってしまったわ♡

チャレンジングな女性は常に刺激を求めて生きているわ。

だからこそ刺激が盛りだくさんなこのオナニースタイルは、多くの女性を魅了しているみたい!

【フリスクオナニー】で涼しくなれる

 (62722)

気温が上がる夏は、とにかく暑くて辛いわよね。

そんなときにフリスクオナニーをすれば、下半身がキンキンに冷えて涼しくなれるの。

「もう暑い、眠れないわ」そんなときにこのプレイをやっている女性も多いみたい♡

実際フリスクオナニーをすることで、気持ちよさと涼しさを手に入れられるの。

Risaのおすすめは、部屋をキンキンにクーラーで冷やしてフリスクオナニーをすることね。

これからの季節にぴったりなプレイよ♡

オナニーのマンネリ解消に効果的

 (62723)

オナニーって毎日続けていると、どうしてもマンネリしてしまうわ。

「あれ、いつもより気持ち良くない...」「気分が乗らない」なんてことも日常茶飯事だわ。

そこでフリスクオナニーを行うことで、刺激がプラスされてマンネリ解消に繋がるの。

「いつもと違う気持ちよさだわ♡」なんて、女性たちはどんどんハマっていってしまうのよ。

お手頃価格のフリスクだけで気持ち良くなれるなんて、とっても最高でしょ♡

【フリスクオナニー】で感度UP

 (62729)

男性に比べて女性は、探究心がある方が多いわ。

「どうしたらもっと気持ち良くなれるかしら?」「自分の性感帯を発掘したい」

そう感じている女性もたくさんいるの。

フリスクオナニーをすることでもちろん感度もUPするし、

何よりも自分の知らなかった“自分”に出会うことができるわ。

フリスクオナニーをすることで、女性の性の知識を深めてくれることだってあるの♡

本当に万能なプレイよね。

【フリスクオナニー】でムラムラを解消♡

 (62727)

「女性に性欲はない」なんて思っている男性がいるみたいだけれど、本当に迷惑だわ。

男性と同じように、女性だって「ムラムラする」「オナニーをしたい」と思う日があるの♡

そんなときにフリスクオナニーをすることで、爆発しそうな性よくを抑えることができるわ。

男性には申し訳ないけれど、彼とのセックスの後に「物足りない...」と感じる時もあるの。

そんな残念な気持ちを払拭してくれるのも、フリスクオナニーだったりするわ!

ムラムラを解消できる素晴らしいプレイ、それがフリスクオナニーよ♡

【フリスクオナニー】は魅力が盛りだくさん♡

 (62731)

女性たちが夢中になっているフリスクオナニーについて、詳しくご紹介したわ。

普段あまり知ることができない、女性のオナニー事情を覗くことができたのではないかしら。

フリスクオナニーは刺激がたっぷりなのはもちろんのこと、

清涼感も感じられるから暑くなるこれからのシーズンにぴったりなプレイね♡

どんどん需要が増えていくプレイだと思うから、男性には優しく見守って欲しいわ。

女性がフリスクオナニーをやっていていも、寛容な気持ちで受け入れてあげてね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女性向け【フリスクオナニー】が最高!〜基本のやり方・コツまとめ〜

女性向け【フリスクオナニー】が最高!〜基本のやり方・コツまとめ〜

【フリスクオナニー】が最高に気持ち良いと話題に!やり方やコツ、注意点をご紹介するわ。女性のアソコってすごく敏感だから【フリスクオナニー】をすることで絶頂を得られるわ!ぜひ【フリスクオナニー】にチャレンジしてみてね♡
Risa |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Risa Risa