2018年8月13日 更新

油断大敵!大切なのは日焼け後の【スキンケア】♡夏の焼けた肌を正しい【スキンケア】で修復しよう!

日焼けをする時期になり、鏡を見た時に、今までになかった新しいシワやシミを発見した人もいらっしゃるのではないのでしょうか?今回は日焼けした後に必ず行いたい、美しい肌を保つための【スキンケア】をご紹介します♡

夏の焼けた肌を秋の【スキンケア】で修復しよう!

Instagram (42747)

連日の猛暑で、夏の終わりになると体のあちらこちらに不調が出てきてしまいますよね。

しっかりとUV対策をしていたにも関わらず、真夏の強烈な日差しを浴び続けてしまった肌は、少なからずダメージが出てしまうものです。

肌のダメージは、直後のケアがその後の肌質に大きく影響してきます。

日焼け後の【スキンケア】は大切♡

Instagram (42748)

紫外線は、シミやシワなどの肌トラブルの原因となるだけでなく、白内障や皮膚ガンなどの重大な病気をまねくリスクもあるのです。

これには、紫外線と活性酸素が大きく関係しています。

「紫外線」とは、UV-A、UV-B、UV-Cに分類され、この順番で人体へ及ぼす害は大きくなります。

UV-Cは地表まで到達しないので、一般的に「紫外線」と言った場合には、UV-AとUV-Bのことをさします。

UV-Bは日焼けの原因に、UV-Aは色素沈着の原因となります。

「活性酸素」は、体の細胞を外から守るために作られます。

非常に強い酸化作用があるため、有害物質を殺すことが可能です。

なので、人体に有害となる物質を体の中に入れたり、体の表面に浴びせたりすると活性酸素が増加してしまいます。

紫外線も人体にとっては有害物質なので、紫外線をあびると活性酸素が発生してしまいます。

紫外線を浴びすぎて活性酸素が増加しすぎると、強力な殺菌能力をもつ活性酸素が、細胞に悪影響を与えかねないのです。

・皮膚への影響

Instagram (42749)

皮膚で活性酸素が作られてしまうと皮膚の脂質やコラーゲン、繊維組織などが酸化し、シワの元となります。

真夏の日差しは非常に強烈なので、活性酸素も強力となり、皮膚がんのリスクを高めてしまいます。

・目への影響

Instagram (42750)

目に活性酸素が作られると、白内障を発症する可能性が高くなります。

結膜に傷もつくので、かゆみや痛みの原因にもなりかねません。

日焼け後に行うべき【スキンケア】♡

紫外線は常に地上に降り注いでいるため、日常の中で完全に遮断するということは非常に難しいのです。

だからこそ、UVケアをしっかりとする必要があるのです。

日頃からUVケアをすることで、発生されてしまう活性酸素の量を極力減らすのです。

それでも日焼けしてしまった際のケアの方法をご紹介します。

①クールダウン

Instagram (42751)

日焼けはヤケドの一種なので、まずは冷やすことが重要です。

②保湿

Instagram (42752)

冷やした後は、保湿をしっかりとします。紫外線にあたった肌はUV-Aによって乾燥しています。

しっかりと保湿すれば、肌質が固くなってしまったり、深いシワを作ってしまったりすることを防げます。

冷やした肌には、化粧水をたっぷりとつけた後、クリームも塗ってしっかりと保湿します。

日焼けがひどい時にはヤケド用の軟膏を塗るのがおすすめです。

その他には、化粧水後にワセリンを塗布するとその効果を閉じ込め保湿効果が期待できるそうです。

③水分補給

Instagram (42753)

肌の乾燥を補う為には、体の中から保水することも重要です。

水を多く飲むと、肌の水分量もアップするので、しっかりと水分補給することをおすすめします。

日焼け後にするべき内側からの【スキンケア】とは?

Instagram (42754)

日焼け止めを塗る、美白成分の含まれている化粧品を使用する、

日傘の活用、サンバイザー・UVガードの手袋の着用、など、

強力な紫外線をシャットアウトするためにすでに日常に取り入れている人も多いと思います。

これらの有効な紫外線対策の他に、もう一つおすすめしたいのが「体の内側からのケア」です。

日焼け対策として、紫外線に反撃できる食物を摂取するという方法です。

食事で栄養を摂取しても劇的な変化が出るわけではないのですが、日頃から継続的に摂取することが重要です。

・ビタミンC

Instagram (42755)

シミやそばかすの原因になるメラニン色素の生成を抑える働きと、

肌のハリのもとになるコラーゲン・エラスチンの生成を促進する働きがあります。

・ビタミンE

Instagram (42756)

ビタミンE自体が、抗酸化作用を持つ栄養素なので、

肌の老化の原因である活性酸素による酸化から、守ってくれる働きがあります。

・ビタミンA

Instagram (42757)

優れた抗酸化作用や、コラーゲンの生成・促進に力を発揮する働きがあります。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む食物で一番おすすめなのは、美白効果も高いトマトです。

例えば「トマトとツナのバジルサラダ」を食べると、ビタミンがが豊富に摂取できます。

簡単に作れる上、美肌には嬉しい栄養素がしっかりととれるのでおすすめです。

秋は日焼け後の【スキンケア】で対策を♡

Instagram (42758)

いかがでしたでしょうか?

女性はいくつになってもキレイでありたいですよね。

体の中からと外からのWケアで徹底的に対策をして、いつまでも若々しい美肌をキープしましょう。
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏のダメージ肌・角質をリセット♡秋のマット肌は【ケミカルピーリング】で作る!

夏のダメージ肌・角質をリセット♡秋のマット肌は【ケミカルピーリング】で作る!

夏には太陽からの紫外線や過度の冷房による乾燥、汗や皮脂などでお肌は多大なダメージを受けます。紫外線はシミ、シワ、黒ずみ、くすみなどお肌トラブルの原因となります。そんなダメージを秋まで引きずりたくない方はケミカルピーリングがおすすめです。
Emily |
【紫外線対策】ランニングや屋外でのワークアウトにおすすめ♡日焼け対策コスメ3選♡

【紫外線対策】ランニングや屋外でのワークアウトにおすすめ♡日焼け対策コスメ3選♡

ランニングやヨガなど、屋外でのワークアウトやゴルフが趣味と言う方が怠ってはならないのがUV対策です。強い紫外線が降り注ぐ屋外でのスポーツなので、しっかりと紫外線対策機能付きのコスメでお肌を保護しましょう。おすすめのコスメをご紹介いたします。
Emily |
2018AW最新!5,000円以上のブランド【高級パック】5選!ご褒美【高級パック】でうるぷる肌に♡

2018AW最新!5,000円以上のブランド【高級パック】5選!ご褒美【高級パック】でうるぷる肌に♡

蒸し暑い夏がすぎると、次は乾燥が気になる秋・冬の季節です。夏にあびた紫外線によってダメージを受けてしまったお肌のケアをしっかりとして、乾燥の季節にトラブルがおきないように事前にケアをしておきたいですよね。今回は5,000円以上のブランド【高級パック】5選をご紹介します♡
daisy |
黒ボディは痩せて見える!?日焼けの効果とタンニングスタジオの選び方

黒ボディは痩せて見える!?日焼けの効果とタンニングスタジオの選び方

今時日焼け肌をサポートしてくれるタンニングスタジオについて、メリットや選び方などを調べてみました。
Risa |
うるぷる肌の作り方♡

うるぷる肌の作り方♡

もちもち肌やすべすべ肌、つやつや肌など耳にしますが... 今のキーワードはうるぷる肌♡うるぷる肌をご存じですか?
Nemu |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Risa Risa
ライター募集