2018年8月6日 更新

本場で食べるのがイイ♡カルボナーラ発祥の店があるローマで歴史もパスタも味わう!

女性に大人気の【カルボナーラ】の歴史と、発祥の店【La Carbonara】について紹介します。

カルボナーラのルーツはには諸説あり!?カルボナーラの歴史とは?

Instagram (36093)

Instagram (36099)

卵とチーズのクリームたっぷりのソースに厚切りのベーコンのジューシーな味わいがたまらない…!

「カルボナーラ」と聞くと多くの人がイメージするのが、そのクリーミーで濃厚な味わいですよね。

日本のパスタ専門店では定番メニューのカルボナーラですが、もともとはイタリア・ローマで生まれた料理なのです。

その起源は第二次世界大戦までさかのぼり、アメリカ兵が好む卵やベーコンを使ったという説があります。

「カルボナーラ」という名前には「炭焼き人 (Carbonara) 」 という意味があります。

仕上げにふりかける黒コショウを見立てて、仕事の合間にパスタ料理を作ったら、手についた炭の粉が落ちてこんな風になるのでは?

ということから名付けられたという説があるそうです♡

本場のカルボナーラは日本のとは全然違うってホント!?

Instagram (36097)

Instagram (36096)

ところで、本場のカルボナーラは日本のものと違うということはご存知でしょうか?

日本のカルボナーラの材料といえば、まずは2ミリ前後のパスタ「スパゲッティ」または「スパゲッティーニ」。

これに卵、生クリーム、パルミジャーノチーズを加えて、具はパンチェッタ、仕上げに黒コショウ…といった感じが定番ですよね。

しかし本場イタリア・ローマのカルボナーラは、日本のものとは決定的に違うところがあるのです!

それは、生クリームを使用しないことです!

卵とチーズをミックスし、パンチェッタなどの脂身の多いベーコンを具に加えて黒コショウで仕上げたパスタを「カルボナーラ」と呼ぶのです。

なぜ日本のカルボナーラにはクリームを入れたのでしょうか。

卵は凝固しやすいため、誰でも失敗なく作れるように生クリームを入れたのでは?という説があります。

また、乳成分をたくさん入れるとコクが出て濃厚な味わいになるということで、クリームを入れたとも考えられています。

あのカルボナーラ独特なクリーミーな味わいは、日本人好みにアレンジされたものなんですね。

レトルトのパスタソースのランキングでも常にカルボナーラは上位に入るのも、

日本人の舌に合うように計算されているからこそです!

どちらにしても、濃厚なチーズの味わいをたっぷりと楽しめるカルボナーラは、

本場ローマのものも美味しそうですよね♡

ローマに行ったらカルボナーラ発祥「La Carbonara」に行こう♡

Instagram (36098)

Instagram (36094)

日本人なら誰もが大好きなカルボナーラ♡

ぜひローマへ旅行した時には、楽しんでいただきたい料理のひとつです。

日本の味と本場の味を食べ比べてみて下さい。

その発祥の店「La Carbonara」で食べられるのは、店名にもなっているカルボナーラ!

看板メニューになっているカルボナーラは、卵黄がトロトロ、チーズがたっぷりでボリュームたっぷりの、シンプルだけれどとても濃厚な味わいです。

日本のカルボナーラはソースがたっぷり絡められているという印象ですが、

こちらのカルボナーラは卵が絡められていてさっぱりと味わう事ができます。

ローマの味付けは日本人には少々塩がキツめなので、塩辛い料理が苦手な方は、事前に「塩は控えめで」とオーダーすると良いでしょう。

日本のカルボナーラを期待して食べるとかなりあっさりとしていて、塩辛い印象があります。

日本人好みの味付けではなく、発祥の地の本場の味を楽しむのも旅の楽しみのひとつ!

ローマへ旅行した時にはぜひ味わっていただきたい一品です。

まとめ

Instagram (36095)

Instagram (36100)

旅行に行ったらその地発祥のグルメを食べておかないと勿体ないですよね!

歴史あるローマで歴史あるカルボナーラを味わいましょう!
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Emily Emily
ライター募集