2016年11月6日 更新

免疫力にはお母さんからもらった乳酸菌が最強です

もうすぐ寒い冬がやってくる今日この頃ですが、最近何かと注目されている『免疫力』を正しく学んで、この冬からは心身ともに健康的な身体を手に入れましょう♡

NEWS

免疫力が大切なワケ

 (3980)

まずはじめに、免疫力とは病気などのウイルスや体内の腫瘍などのあらゆるものから

身体を守るシステムのことで、生まれた時から私たちはこの働きによって

様々な外敵などから守られて日々生活しています。

もともと備わったシステムではありますが、残念ながらこの免疫力は

生活習慣や食べ物によって大きく変化してしまうのです。

免疫力が低下すると今までブロックできていたウイルスなども身体に侵入することができ、

様々な病気にかかりやすい状態になってしまいます。

ストレスなどの精神的な要因でも低下する免疫力はとてもデリケートなものですが、

食べるものに少し気を遣うことによって、大きく改善させることもできるのです。

身体の中の免疫細胞の60%は腸にあります

 (4022)

免疫力にとって腸が重要な働きをしていることは有名ですが、最も大きな理由として、

体全体の免疫細胞の60%もの細胞がこの腸にあることが挙げられます。

さらに腸の凄いところは、この細胞には外部から入ってきた細菌やウイルスと、

私たちが食べ物を食べて摂る栄養とを判別する脳のような機能があり、

身体にとって良いものだけを吸収し、害のあるものだけを排除するという、

驚くべき能力を備えた優秀な臓器なのです。

少し余談ではありますが、脳内の神経伝達物質のセロトニン。

精神を安定させてリラックスする働きをもたらすこのセロトニンは

別名”幸せホルモン”とも呼ばれ、セロトニンが不足するとイライラや不安が抑えきれなくなり、

うつ病を引き起こしたりもします。

このセロトニンの95%が腸で作られることが分かっていて、

このように腸は心身ともに私たちの身体を守る大切な機能を持っているのです。

腸内フローラの働き

 (4017)

様々な面で私たちの身体を守ってくれる腸ですが、

それではこの大切な腸を守っているものは何なのでしょうか?

それが、腸内フローラと言われる細菌たちなのです。

この細菌は腸内に100兆個ほどあり、善玉菌、悪玉菌などと呼ばれています。

この善玉菌が免疫力に関わる働きをしてくれていて、善玉菌が減り悪玉菌が増えると、

腸内がアルカリ性になり、便秘を引き起こし、免疫力が低下していきます。

理想的な腸内フローラのバランスは善玉菌9:悪玉菌1と言われています。

このバランスをベストに近い状態に保つことが最も重要なことと言えます。

赤ちゃんと乳酸菌

 (4021)

さて、善玉菌といえば乳酸菌やビフィズス菌が有名ですが、日頃から健康に気を使って、

もう既にヨーグルトや乳酸菌飲料などで取り入れている方も多いのではないでしょうか。

しかし、医学的に最近分かったことで、この腸内の細菌が生まれた時の状態に近い時、

人間の身体は最大の免疫力を発揮するというのです。

つまり、乳酸菌をはじめとする腸内細菌は、個体によってその働きに差があるということなのです。

生まれてきた赤ちゃんの腸内細菌は、お母さんからへその緒を伝って栄養とともに

受け継がれます。さらに、自然分娩だと、産道の細菌も貰って生まれてくるそうで、

その細菌たちの免疫力に守られて赤ちゃんたちは成長してゆくのです。

そして、その、生まれてきた時に近い細菌、つまり、お母さんから受け継いだ

乳酸菌を大人になった私たちが摂ることで、自分の体に合ったベストな細菌によって、

身体は最高の免疫力を発揮するというのです。

生まれた土地に近い産地のものを食べましょう

 (4097)

生まれた時の状態に近い腸内フローラにする為にできること、

それは、生まれ育った土地の食材を食べるということです。

同じ栄養価のお野菜やお魚も、産地が近いものの方が

免疫力が高まる可能性が高くなります。

故郷のお野菜が自分の身体を強くしてくれるなんて、

なんとも温かい気持ちになりますよね♡

実家に帰って食べるお母さんのご飯や、

田舎のおばあちゃんの畑で採れたお野菜など。

このことを意識して故郷の食材を頂くと、

育ててくれた家族や大地に、感謝の気持ちもより一層大きくなりますね。

妊娠中のママたちが実家に帰って出産の準備をする”里帰り出産”というものがありますが、

新しい命に最高の免疫力をプレゼントするために、

妊娠中に実家の食材でお母さんの食事を摂ることは、

実はとっても素晴らしい日本の習慣なのかもしれませんね♡

都会の農業”アーバンパーマカルチャー”

 (4137)

パーマカルチャーという言葉を聞いたことがありますか?

’’Permanent Agriculture=永久的に持続する農業’’

つまり動物や植物などと人とが、永続的に暮らしていけるように配慮した

農業を中心としたシンプルな自給自足のライフスタイルの事です。

難しいことではなく、日本でも、昔の人々は普通に

このパーマカルチャーに基づいた生活をしていました。

代々、大切に育ててきた土壌で採れた野菜を食べて、

昔の人は自然と健康な身体を手にしていたのかもしれませんね。

この、自給自足のシンプルライフであるパーマカルチャーですが、

都会で暮らしている私たちが畑を持つことはなかなか難しいようにも思えます。

そこで、都会暮らしでも簡単に取り入れられるパーマカルチャーが

近年海外の都市を中心にひそかに流行り始めています。

小さなプランターでミニトマトを育てるようなささやかな自給自足でも、

食べ物に感謝する気持ちや、無駄にしない心を養えるので、十分にパーマカルチャーと言えるでしょう。

そこで提案したいのが、より健康的な生活を送るために、

プランターなどで育てる植物や土を、故郷から取り寄せてみてはいかがでしょう。

生まれた時に近い腸内細菌で免疫効果の高いお野菜を、

自分で育てて身体に取り入れる、

最高の自給自足で、健康に冬を乗り切ってみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

『発酵食品』を毎日の食事に取り入れ、腸内環境を整えて免疫力アップへつなげていきましょう!

『発酵食品』を毎日の食事に取り入れ、腸内環境を整えて免疫力アップへつなげていきましょう!

発酵食品を食べると、健康にはもちろん美容にも期待ができて女性にとっては嬉しいことがたくさん♡美味しくて体にいい発酵食品と、それを使った簡単おすすめレシピを紹介していきます。
Liebe |
出産のお祝いに♡絶対に喜ばれるプレゼント!

出産のお祝いに♡絶対に喜ばれるプレゼント!

大切な赤ちゃん。 折角のお祝いですから、絶対に喜んでもらえて使って頂けるものをチョイスしたいですよね。 この記事では素敵なプレゼントをご紹介します♡
Nemu |
子供に対して怒ってばかりいませんか?子供のしつけに関するママ達の悩みを解決♡

子供に対して怒ってばかりいませんか?子供のしつけに関するママ達の悩みを解決♡

『子供の困った行動』言う事を聞かない、かんしゃくが多い、だだをこねる、弟や妹へ乱暴する...「いけない」とわかっていても、毎日繰り返されてついつい怒ってしまっている。そんな自分に落ち込んだりしていませんか?子供の困った行動は、「甘えたい」というサインなのかもしれません。怒るばかりでなく上手に甘えさせる方法をご紹介します。
Liebe |
【ファイトケミカル】が凄い!野菜や果物で作るファイトケミカルスープ♡

【ファイトケミカル】が凄い!野菜や果物で作るファイトケミカルスープ♡

【ファイトケミカル】が今、注目されています。野菜くずを利用したファイトケミカルスープには6大栄養素に次ぐ7番目の栄養素がたっぷり♡健康に様々な良い影響を与えることが判明しているそうです。あなたもファイトケミカルを取り入れましょう!
Liebe |
【スウィッチェルの作り方】疲労回復&デトックス♪ヘルシードリンク、スウィッチェルが人気上昇中!

【スウィッチェルの作り方】疲労回復&デトックス♪ヘルシードリンク、スウィッチェルが人気上昇中!

LAやパリジェンヌの間で密かに話題!自然素材のエキスをたっぷりと使った「スウィッチェル」の魅力をご紹介します。皆さんもスウィッチェルの作り方を覚えてライフスタイルに取り入れましょう♡
Risa |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

mocako mocako