2017年12月11日 更新

【2017年秋冬】トレンドメイク!コスメを買う前にチェックして

2017年、秋冬のトレンドメイクを大公開!コスメを購入する前に秋冬はどんなメイクがトレンドなのか確認しましょう。

2017年、秋冬トレンドメイク!

 (37083)

メイクも季節によってトレンドがあり、ファッションと同様に変えたいものです。

2017年の秋冬はどんなメイクがトレンドなのでしょうか。

秋冬用のコスメを購入する前に、注目のカラーや質感などをチェックしておきましょう。

ベースメイク

 (37071)

・ウェットな質感

秋冬のベースメイクは、ナチュラルでウェットな質感がトレンド入り。

透明感ある肌が注目されているので、厚塗りにならないように注意しましょう。

アイライナー

 (37072)

・アイラインはしっかりと入れて

アイラインは目元をはっきりと魅せることができる重要なメイクです。

2017年の秋冬は、アイラインはしっかりと入れるのがトレンド。

今まで上瞼だけに描いていたアイラインも、今季は下瞼にも入れましょう。

少し抵抗がある方は、ブラウンなどの優しい色合いを選ぶとGOOD!

しっかりとアイラインを入れてパッチリとした瞳に仕上げましょう。

アイシャドウ

 (37074)

・ブラウンかピンク系

アイシャドウはブラウン系とローズカラーがトレンド。

ブラウンのアイシャドウで目のまわりを囲んであげてもGOOD!

はっきりとしたパッチリな瞳が手に入ります。

また、ピンク系ではローズカラーがトレンドで、フェミニンな印象を与えたいときにおすすめのカラーです。

オンオフ使い分けてもオシャレで可愛いですね。

どちらも使い勝手が良いカラーなので、是非トライしてみてはいかがでしょうか。

アイブロウ

 (37075)

・太めに仕上げて

アイブロウは太めがトレンド。

カラーはヘアカラーよりも明るめを選ぶのがおすすめ。

太めに仕上げるコツは、自分の眉毛を活かして自然に仕上げましょう。

ナチュラルな太眉で、かつしっかりとした印象を与えましょう。

リップ

 (37080)

・色は少しだけ足して

リップのトレンドカラーは、ボルドーやワインレッドといった少し暗めの色がトレンド入り。

ダークカラーリップで、唇に少しだけ色を足す感じに仕上げるのがポイントです。

秋冬らしいカラーなので、使い勝手も良く重宝しそうですね。

トレンドメイクを取り入れて

 (37081)

いかがでしたか?

肌はナチュラルに、アイメイクはラインで囲んでパッチリと。

トレンドを意識したメイクをすることで、女子力も上がりいつもよりメイクをするのが楽しくなること間違いなし!

秋冬はトレンドメイクをして、ファッションと一緒に楽しみましょう!
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2017AW】秋の新作コスメを発表!ブランド別にチェックして♡

【2017AW】秋の新作コスメを発表!ブランド別にチェックして♡

2017年の秋冬新作コスメを発表します!今秋も様々なアイテムがブランド別に発売されます。早めに発売日もきちんとチェックしておきましょう♡
sasa |
【2017年秋トレンド】のプラム系ポイントメイク♡

【2017年秋トレンド】のプラム系ポイントメイク♡

今季のメイクに欠かせないプラム系ポイントメイク。プラムカラーをどこに取り入れるかで印象も随分と変わってきます。ポイントでプラムカラーを取り入れて秋の大人っぽさを演出しましょう♡
sasa |
【2018SS】ネイビーのアイメイクで大人のセクシーアイ♡使い方やポイントを解説!

【2018SS】ネイビーのアイメイクで大人のセクシーアイ♡使い方やポイントを解説!

ネイビーのアイメイクの特徴は、なんといってもセクシーアイになれること♡そんなネイビーで作るアイメイクをご紹介します!おすすめのアイテムで輝く瞳を手に入れましょう。
sasa |
今年も『ダークリップ』の季節がやってくる!

今年も『ダークリップ』の季節がやってくる!

2017-18年A/Wもダークリップブーム♡今すぐトレンドのダークリップ取り入れて秋を先取りしちゃいましょう♡
mami |
【2018AW】マストアイテムはラメ入りアイシャドウ♡華やかアイメイクで秋冬を演出♡

【2018AW】マストアイテムはラメ入りアイシャドウ♡華やかアイメイクで秋冬を演出♡

これからの季節のアイメイクは華やかに仕上げましょう。ラメ入りのアイシャドウにすることで、一気に季節を感じるメイクに仕上がります。目元から季節を取り入れて、いつもより輝いている瞳にしたいですね♡
sasa |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sasa sasa