2017年9月9日 更新

【不妊治療】を決断するとき!男性も女性も共に考えたい【不妊治療】のあれこれ♡

【不妊治療】は女性にも男性にとっても大きな決断となります。【不妊治療】はどのぐらいお金がかかるの?どのような検査があるの?といったあまり聞けない事柄をピックアップします。自分には関係ない!と割り切るのではなく、【不妊治療】の悩みを共有できる時代になることを願っています。

男性も女性も共に考えたい【不妊治療】のあれこれ!

Instagram (40977)

結婚しなくても、性別に関わらず生き生きと過ごせる世の中が確立されました。

20代から30代にかけてしっかりと仕事をし、キャリアを積み重ねてきた女性。

そんな女性たちが結婚をし、そろそろ子供を授かりたい!と思った時に不妊に悩むという女性も少なくありません。

精子は毎日新しく作り出されますが、卵子は胎児の時に一生分の排卵する量が決まって作られます。

そのため、年齢が高くなるほど卵子の老化も防げない、ということになります。

不妊の原因は女性に関わらず男性にもある場合があるので正しい知識を身につけたい。

私は大丈夫!と目をそらさずに、不妊治療法を知っておくことも大切です。

【不妊治療】の保険と助成金とは?

・【不妊治療】の保険は適用外なことが多い!

Instagram (40968)

不妊治療でのお悩みの中で、上位に上がってくるのがお金の問題。

不妊治療の初期段階の検査や、一部の治療費は保険適用内ですが、高度な医療になると保険適用外なので患者さんが全額負担することになります。

保険適用外、ということは病院がそれぞれ異なる医療費を請求することとなるので、治療費も異なります。

体外受精の一周期あたりの金額は30〜50万円、顕微授精は30万〜50万円以上の治療費が一般的なようです。

不妊治療の設備が整っている病院が都心部に集中していることもあり、交通費や宿泊費などのお金を考えると莫大な金額となります。

貯金を切り崩しながら不妊治療を行っている、という方も多いのが現実です。

・【不妊治療】における助成金、特定治療支援事業とは?

Instagram (40970)

2004年から始まった各自治体による特別治療支援事業。

それぞれの自治体によって、受けることの出来る事柄が変わるので確認する必要があります。

対象の年齢などは定められているので、正しい知識を身につけておきましょう。

医師によって妊娠の見込みがない、または極めて少ない診断された者、

法律上の婚姻関係のある夫婦で、治療の初日の年齢が妻が43歳未満であること、所得が夫婦730万円までとされています。

役所に行って詳しく確認してみましょう!

女性の【不妊治療】の検査とは?

Instagram (40971)

不妊治療の検査はどのように行われるの?と疑問に思われる方も多いはず。

もちろん、病院によって検査方法や順番は異なりますが一般的な検査は以下になります。

・基礎体温や超音波検査、血液検査を行い排卵しているかどうかを調べる。

・子宮卵管造影検査により、卵管の通りをチェックする。

このように超音波での検査や血液検査が一通り行われます。

もちろん個人差はありますが、人によって強い痛みを感じる検査も少なくありません。

検査を行った後、どのように治療を進めていくのかを医師と相談して治療がスタートします。

体はもちろんですが、一番負担がかかるのは精神面。

薬が合わなかったり、治療に対する不安で心が折れそうになってしまう、という声も。

なかなか共有が難しい不妊治療だからこそ、心のコントロール、周りの支えは今後の課題となりそうです。

男性の【不妊治療】の検査とは?

 (40972)

不妊治療が少しずつ世間に浸透してきた現在、検査なども夫婦揃って行うという方も増えたようです。

不妊は女性の問題!という間違った概念も払拭されつつあり、最近の検査結果では精子にも老化があることが判明されています。

検査をすることで自分に原因があるのが怖い、ということも男性が不妊治療に積極的になれない一つとして挙げられるかもしれません。

・男性の不妊の検査方法

 (40973)

一般的な検査として精巣の大きさや精索静脈瘤があるかどうかを、触診、視診、超音波検査で診察します。

その後精液検査、ホルモン検査、遺伝子検査など必要に応じて検査内容が異なります。

簡単なキットで精子の状態を確認することも出来るので、おすすめです。

【不妊治療】をやめるタイミングとは?

Instagram (40969)

辛い治療を行ってきても赤ちゃんを授からない、というときに不妊治療をやめるという決断も人生の節目となるでしょう。

医師から治療を終えるタイミングを伝える、というのは極めて少ないこと。

だから夫婦で話し合って治療を終えるタイミングを決断しないといけません。

治療費が膨大なため不妊治療をやめた、精神的にまいってしまい諦めた、夫婦で話し合った結果赤ちゃんを産まないという選択をした、など。

不妊治療をやめるタイミングは夫婦それぞれです。

不妊治療を終えて養子縁組を考える、という方も多いようです。

治療が終わったということは、夫婦にとって新しいスタートとなるでしょう。

最後に!

Instagram (40975)

不妊治療も昔と比べてオープンに出来るようになりました。

しかしやはり理解してもらえなかったり、間違った情報が多い不妊治療だからこそ、自分の知識として身につけておきたい。

自分には関係ない!と割り切るのではなく、皆で悩みを共有できる時代になることを願っています。
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nemu Nemu
ライター募集