2017年8月9日 更新

【ママっ子男子】が急増中!バブルママから産まれた、マザコンでもないママっ子男子とは?

【ママっ子男子】が急増中!ママっ子男子とは、母親とショッピングに行ったり、旅行に行ったりする男性のこと!マザコンではないママっ子男子に迫ります♡

【ママっ子男子】が急増中!

 (36728)

近年メディアに多く取り上げられているママっ子男子。

Voyage読者の皆さまもママっ子男子というワードを聞いたことがあるのでは?

ママっ子男子とはマザコンとは違い、母親との関係がとても親密な男子のこと。

一緒に洋服を買いに行ったり、旅行に行ったり、時には恋愛の相談まで母親との距離がとても違いのが特徴です。

お付き合いする女性にもオープンに母親との仲良しさをアピールするなんてことも!

このママっ子男子に対しての女性の意見は様々です。

今回はそんなママっ子男子に迫ります♡

【ママっ子男子】と【マザコン】の違い!

 (36729)

ママっ子男子というワードを聞いたことない方からすると、マザコンなのでは?と勘違いされてしまうことも。

ママっ子男子はマザコンとは異なります。

いわゆるマザコンはお互いに依存をしているので、出来ること、やっても良いことなど制限されてしまうのが特徴です。

一方でママっ子男子は依存は全くナシ!

ファッションやスイーツ、SNSなどの情報を母親と共有し、興味関心のあることを一緒に行います。

一般的にショッピングや旅行など【母と娘】に限定されていたことも、ママっ子男子は性別にとらわれず行うという感覚です。

ママっ子男子は依存度が少なく、親を大切にしている!という観点からママっ子男子が良い♡という女性も増えています。

一方でいわゆる男らしさを求める女性からは、ちょっと...とひかれてしまうことも。

ジェンダーレス男子、スイーツ男子など男女の境目がなくなっている現代だからこそママっ子男子という言葉がうまれているのかもしれません。

バブル時代のママからママっ子男子は生まれる?

 (36730)

ママっ子男子の特徴として、バブル時代のママから産まれている割合が比較的高いことが判明しています。

バブル時代のママはファッションや美容に敏感で、気を使っている方が多い♡

息子と一緒に歩いていても違和感がなく、枠にとらわれないという考えの傾向もあるようです。

一方でママっ子男子世代は、スマートフォンを比較的幼い時代から持っていて、SNSでの自己表現を得意とします。

自分の近況をInstagramやTwitterで発信するから、家族との出来事も投稿する思い出の一つに♡

SNSが広まって自由を感じている一方で、情報を友人とどこまで共有すれば良いのかわからなくなっている世代でもあります。

そんなときにやっぱり頼りになるのが母親!

対立するのではなく一番の理解者であり、友達のように気軽に話せる母親は親友のような関係にあるのかもしれません。

ママっ子男子に育てたい親が急増中♡

 (36731)

少し前の時代まで当たり前にあった反抗期も、全くなかった!という子供も多いのが現状。

というのも、最近は自分を表現するツールが増えているから、自分と上手に向き合える子供も増えているのだとか。

例えば学校や習い事でうまくいかないことがあっても、SNSを通して自分の気持ちを共有したり、

同じ趣味の友達が出来たり、解決する方法をネット上で探すことが出来ます。

そういった意味で自分の感情のコントロールが上手なのも反抗期が減少している特徴のようです。
 (36735)

ママっ子男子ブームが到来している現代、自分の息子もママっ子男子に育てたい♡と考えているママも急増中!

そんなママたちへのアドバイスは、息子を干渉しすぎないこと♡

インターネットが普及していない時代は、知りたくてもわからないことの方が多かった世の中。

一方で現在は検索をかければ、様々な情報を得ることが可能です。

調べようと思えば、息子の近況まで分かってしまう世の中。

ついつい可愛い息子の情報を詮索しすぎてしまうから注意しましょう。

息子と母親が対等にいる、という感覚がママっ子男子の特徴です。

詮索しすぎるあまり、上からものを押し付けるような注意の仕方は避けたいものです。

ママっ子男子が当たり前の時代がくるかも?

 (36736)

男女の性別にとらわれない時代がやってきました。

何を自分で表現したとしても、様々な方が理解してくれる時代だからこそ、

私たちの自由の定義が変化しているのかもしれません。

今回はママっ子男子をご紹介しましたが、みなさんにはどのように感じましたか?

ぜひ周りの方とも共有出来る話題になればと思います♡
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nemu Nemu