2017年5月23日 更新

日焼けは老化するってホント!?見た目の変化を徹底比較!

7〜8月にかけての真夏の時期は一年のうちで紫外線が最も強い時期と思われがちです。 しかし美意識の高い女性たちの間では「紫外線が最も強い時期は、5月から初夏にかけてが一番」というのはもはや常識! そのため紫外線には人一倍気をつけていて、日焼け止めクリームを塗ったり帽子をかぶったりと、一年を通してUV対策には抜かりがありません。 そこで今回は日焼けと老化の因果関係を探るととともに、見た目にどれだけ変化があらわれてくるのかを、ここで検証してみたいと思います。

1. 紫外線を浴びる量で肌の老化速度は変わる!

image on We Heart It (26952)

日差しの強い季節はとくに太陽の光がまぶしくなるので、紫外線をじかに意識することも多くなるでしょう。

しかし紫外線というのは暑い夏に限らず一年中降り注いでいるということは、すでに多くの方がご存知のはず。

通常紫外線は目に見えないので普段はなかなか自覚できないかも知れませんが、だからこそ油断できないのです。

そこでまずは紫外線の基礎知識として、UVAとUVBがあるということから抑えておきましょう。

まずはUVA。
こちらがいわゆる紫外線A波といわれているもので、太陽光がオゾン層を通過して人間の皮膚の真皮層に作用し、ダメージを与えるといわれています。

真皮層といえばお肌のはりやツヤを生み出す、コラーゲンの生成工場でもあり肌の新陳代謝を担っている部分。

そのため真皮層にUVAが浸透し続けるとコラーゲンのもととなるたんぱく質が変性してしまい、皮膚の老化につながってしまうのです。

もう一つのUVBは、UVAのように量は多くないものの、メラニン色素を酸化させて褐色に変化させる影響があるので、こちらもあなどれません。

つまりUVBは、肌のハリやつやへのダメージは少ないものの、お肌のシミやそばかすを生成しやすくしてしまいます。

さらにUVAとUVBは、いずれも多くなるのが4月〜8月ですが、とくに5月、6月は一年のうちで最も多いピーク期と言われています。

だからこそ今すぐに紫外線予防をしっかりして、肌の老化を未然に防ぐ必要があります。
とくに外出の多かったり外での仕事が多かったりする方は、注意が必要です。

紫外線は誰にでもくまなく降り注ぐものですが、外にいる時間が長くなるとその分UV量を多く浴びていることになるので、肌の老化スピードも早くなるのは当然です。

もちろんそうでない方も、紫外線対策はしっかりとするべきです。

お肌も「生き物」なので、何もせずに放っておくと有害なUVがどんどん肌の奥に蓄積されていって、ある日突然大変なことに!となりかねないからです。

今しっかり予防するか否かで5年後、10年後のお肌は確実に変わってきます。
ちょっとした積み重ねを怠らず、日々紫外線をカットする努力をすることで、美しい肌は保たれていくのです。

2. ビフォア・アフターでわかる老化の比較ポイント

image on We Heart It (26951)

それでは具体的に紫外線を多く浴び続けることで、どれくらい変化するのでしょうか?

前の項目でも少し触れましたが、一年中注意が必要なUVAは肌のハリやツヤを失わせ、UVBはシミやそばかすを発生させる可能性があるということをお伝えいたしました。

しかし、紫外線の存在を無視して予防をしなかったり、どちらか片方の顔の面をより多く浴び続けていると、同じ年齢、または同じ人でも、老化度に明らかな違いがあらわれてきます。

たとえば同じ年齢でも目尻に深いシワができてしまったり、透明感が失われて褐色の肌になってしまったり...。

さらに同じ人であっても、無意識に顔の片方の面だけより多く紫外線を浴び続けていると、どちらか片方だけシミやシワができて、左右不対象の顔になってしまうこともあるのです。

紫外線の厄介なところは「じわじわと浴び続けて蓄積されていくこと」。
肌の老化がすぐにあらわれてくれば対策する人も増えるでしょうが、今のケアが10年後、20年後に結果として出てくるのであまりピンとこないのかも知れません。

しかし本当に大切な肌のことを思うのであれば、繰り返しになりますが、女子たるもの、「今すぐに」紫外線対策をすることをおすすめします。

3. 簡単にできる予防策は「日焼け止めを塗る」

girl, love and fashion image on We Heart It (26953)

それでは最後に紫外線対策として、今日からでもすぐにできる方法をご紹介したいと思います。

まずは何といっても「日焼け止めを塗る」ということです。

これは専用の日焼け止めクリームを塗るほかに、UVカット効果のあるファンデーションや下地も各社から出ているので、美容部員さん相談して自分に本当に合うものを探すところから始めてみてください。

ちなみにクリームには紫外線カットをする反射効果の高いものと吸収剤があるので、これらがバランスよく含まれている日焼け止めクリームが良いでしょう。

またSPFについても高ければ高いほど良いわけでないので注意が必要です。
紫外線をカットするという意味では効果が高いかも知れませんが、その分肌への負担が高かったりすることもあるからです。

もし心配であれば、いくつか試してみるのも良いでしょう。
紫外線対策は一生付き合っていくものだからこそ肌にふれて確かめて、自分に本当に合うものを選び抜くことは、時間はかかるかもしれませんが十分に価値があります。

その他にもサングラスや日傘をさす、といった方法もおすすめです。
その際にはUVカット効果のあるものを選ぶのがポイントです。
こちらもオシャレ度にも気を遣いながら、自分に合うものを吟味して選んでいきたいですね。

まとめ

 (26954)

紫外線は一年中降り注いでいるものだからこそ、ここで立ち止まってしっかり対策の方法を考えてみませんか?

今回は「肌の老化」についてお伝えいたしましましたが、最近では「紫外線の目に対する悪影響」もさかんに注意報が出ています。

自分の大切な肌や体を守って、いつまでも美しくいるためにも今日からぜひ紫外線対策を真剣に考えてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏のダメージ肌・角質をリセット♡秋のマット肌は【ケミカルピーリング】で作る!

夏のダメージ肌・角質をリセット♡秋のマット肌は【ケミカルピーリング】で作る!

夏には太陽からの紫外線や過度の冷房による乾燥、汗や皮脂などでお肌は多大なダメージを受けます。紫外線はシミ、シワ、黒ずみ、くすみなどお肌トラブルの原因となります。そんなダメージを秋まで引きずりたくない方はケミカルピーリングがおすすめです。
Emily |
油断大敵!大切なのは日焼け後の【スキンケア】♡夏の焼けた肌を正しい【スキンケア】で修復しよう!

油断大敵!大切なのは日焼け後の【スキンケア】♡夏の焼けた肌を正しい【スキンケア】で修復しよう!

日焼けをする時期になり、鏡を見た時に、今までになかった新しいシワやシミを発見した人もいらっしゃるのではないのでしょうか?今回は日焼けした後に必ず行いたい、美しい肌を保つための【スキンケア】をご紹介します♡
Risa |
【2018年夏】髪の日焼け対策♡アフターケアとおすすめの日焼け止め特集!

【2018年夏】髪の日焼け対策♡アフターケアとおすすめの日焼け止め特集!

髪が日焼けしてしまうとパサついたり、枝毛になったりとヘアトラブルが続いてしまいます。それを阻止するために、しっかりと髪に日焼け止めを塗るなどして対策しましょう。また、日焼けしてしまった後のケア方法もご紹介します♡
sasa |
【紫外線対策】ランニングや屋外でのワークアウトにおすすめ♡日焼け対策コスメ3選♡

【紫外線対策】ランニングや屋外でのワークアウトにおすすめ♡日焼け対策コスメ3選♡

ランニングやヨガなど、屋外でのワークアウトやゴルフが趣味と言う方が怠ってはならないのがUV対策です。強い紫外線が降り注ぐ屋外でのスポーツなので、しっかりと紫外線対策機能付きのコスメでお肌を保護しましょう。おすすめのコスメをご紹介いたします。
Emily |
【二重あご】を改善!自宅で簡単にできる【首のシワとたるみ】のケア方法について♡

【二重あご】を改善!自宅で簡単にできる【首のシワとたるみ】のケア方法について♡

【首のシワとたるみ】は年齢がでるもの。顔のケアはしていても、見落としがちな首のケア。今、寝ながらスマホなどで20代にも増えてしまっている【首のシワとたるみ】。今日からきちんとお手入れすることで10年後に確実に差がつきます!今回は【首のシワ】と【二重あご】に効果的な保湿方法、マッサージ、エクササイズの方法ご紹介します♡
Nemu |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Risa Risa