2016年12月7日 更新

ゆるっとローゲージニットで冬のコーディネートをランクアップ!

オーバーサイズのローゲージニットは、こなれた感じに、実は細身に見せてくれる冬のマストアイテム!カラーコーディネートから、ボトムスとのコーディネートまでご紹介します。

オーバーサイズニットでおしゃれにスタイルアップ!

 (4440)

あったかくて可愛くて、でもコーディネート次第ではモードに格好よくも着こなせる、オーバーサイズのローゲージニット。

無地から柄ものまで、色んな色や形を持っていたら冬のコーディネートの幅がぐんと広がります。

手持ちのデニムやスキニー、スカート、小物を合わせる時のちょっとした工夫で、今年らしくあなたらしいスタイルが生まれるはず。

細身のパンツでカジュアルに格好良く

 (4340)

http://www.camilleovertherainbow.com | LA COOL & CHIC | Bloglovin’ (4433)

オーバーサイズニットの定番コーディネートといえば、スキニーパンツを合わせたスタイル。

ポイントはヒップが隠れるギリギリのラインのニットを選ぶこと。
そうすることで足長効果も得られ、スタイルよく見えます。

デニムのスキニーはどんな色のニットにも合わせやすい優れもので、バレエシューズを履いてパリジェンヌ風にコーディネートするのも可愛いですよね。

また、たまには革素材のスキニーをはけば、柔らかいイメージのローゲージニットもモードなスタイルに早変わりします!

同じニットもボトムス次第でガラッと変わった印象に着回せます。

オーバーサイズのワントーンコーデはマニッシュに

 (4330)

 (4332)

オーバーサイズニットをベースにしてワントーンコーデをするのは上級者テクニック。
なぜなら全体的にぼやっとしてしまいがちだからです。

そこでまず大切になるのは、肌の見せ方。

首、手首と隠れているので、足首を出して華奢さを見せないと野暮ったくなってしまいます。

ピンヒールで細い足首を強調すれば、オーバーサイズを着ていてもすっきり引き締まって見え、ぐっと女らしい装いに。

次に大切なのはガーリーになりすぎないようにすること。

子供っぽくなってしまったらせっかくのコーディネートが台無しです。

センタープレスのパンツを合わせたり、ハットやクラッチなどの小物でマニッシュにコーディネートすることで、シャープな印象になり、大人のオーバーサイズワントーンコーデが完成です。
 (4434)

ヴィクトリア・ベッカムのこのワントーンコーデはまさにお手本中のお手本!

全体的にオーバーサイズなのに、すっきりした髪型とレオパード柄のピンヒールで、女らしいモードスタイルが彼女のスタイルの良さを際立たせています。

ミニスカートでフェミニンに

 (4443)

 (4444)

オーバーサイズニットから少しだけのぞかせるようにしてミニスカートをはいて、フェミニンなコーディネートを楽しむのも今年らしいスタイル。

髪をすっきりアップにしてまとめれば、ガーリーになり過ぎず、大人のフェミニンコーディネートが出来上がります。

また、かっちりしたハンサムなコートを上に羽織っても、甘さが抑えられて大人可愛いスタイルに仕上がりますね。

ミニスカートもスキニーと同じく、トップスのボリュームに目線がいくので足が細くスタイルよく見える組み合わせと言えますね。

上級者は柄ものでパンチをきかせて

 (4435)

 (4436)

取り入れやすい無地のオーバーサイズニットのコーディネートにも慣れてきたら、次にオススメなのは柄もののニット。

ボーダー柄やフリンジ付きなど、個性豊かなニットもオーバーサイズならおしゃれ度アップ間違いなし!

柄の分量が多くなるので、ボトムスや靴など、ニット以外は黒ですっきりまとめるのがポイントです。

一枚で様になる大きめニット

ざっくりニット。 - 海外のストリートスナップ・ファッションスナップ (4463)

ここ最近のトレンドであるオーバーサイズもの。

特にローゲージニットは簡単に取り入れやすいだけでなく、ちょっとしたアレンジで様々なおしゃれが楽しめる万能アイテムです。

基本のコーディネートをおさえつつ、色や形、柄で遊んで、冬のおしゃれをあなたらしく仕上げてみて下さいね。
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

hiromi hiromi