2021年7月4日 更新

丸の内OL100人に聞いた!【フリスクフェラ】の経験者は衝撃の〇〇%!

丸の内OL100人にに「【フリスクフェラ】の経験はありますか?」といった街頭アンケートを実施しました。その結果、経験者は驚愕の〇〇%!【フリスクフェラ】の魅力や体験談も合わせてチェックしましょう。

【フリスクフェラ】の経験はありますか?

 (62830)

ミントタブレットを女性の口の中に入れながら、フェラチオをする『フリスクフェラ』。

フレッシュな爽快感と程よい刺激があり、最近話題沸騰中のプレイです。

今回Voyageでは、丸の内OL100人に「フリスクフェラの経験はありますか?」、

といった街頭アンケートを実施しました。

その結果、フリスクフェラの経験者は衝撃の割合に...!

普段は中々聞けない、フリスクフェラの魅力や体験談も合わせてチェックしましょう。

【フリスクフェラ】経験者は57%!

 (62816)

「元々フリスクフェラに興味があり、この前チャレンジしました。楽しかったです!」(24歳女性)

「彼のアソコの臭いが苦手で...フリスクフェラだと楽しく舐めることができます」(28歳女性)

「スーッと爽快な感覚に、彼が虜になっています。彼の感じた姿も最高です」(31歳女性)

「SNSで見て挑戦しました。すごく盛り上がりました」(27歳女性)

「セックスのマンネリ解消に、たまにやります!彼はすごく気持ち良いみたいです」(25歳女性)

「口の中がスッキリするし、チンコのニオイも気になりません♡」(23歳女性)

多くの丸の内OLが 【フリスクフェラ】が好き♡

丸の内OL100人のフリスクフェラ経験者のうち、

大多数の女性が「楽しい」「彼が喜んでくれる」とプラスの意見をお持ちでした。

また「チンコの臭いが緩和される」という声も多くあり、ニオイ対策としても万能なプレイのようです。

【フリスクフェラ】未経験者43%!

 (62814)

「そんなプレイがあるんですね...!初めて聞きました。すごく興味があります」(25歳女性)

「ぜひチャレンジしてみたいです。が、彼がノーマルプレイ好きなので難しいかも...」(29歳女性)

「興味はありますが、一歩が踏み出せません。でも楽しそう♡」(24歳女性)

「スタンダードなセックスが好きなので、フリスクフェラは興味ありません」(26歳女性)

「いつか彼のアソコをフリスクフェラでいじめてみたいです」(30歳女性)

「フリスクフェラは、チンコが痛そうなので...可哀想でできません」(28歳女性)

【フリスクフェラ】に興味がある女性も多い!

フリスクフェラの未経験者は全体の約4割でしたが、

その中でも「興味がある」「いつかチャレンジしたい」と感じている方が多かったのも印象的でした。

このプレイをやりたい男性は積極的に「フリスクフェラをお願い」と、

頼んでみても良いかもしれません。

【フリスクフェラ】は丸の内OLから大人気♡

 (62815)

誰でもお手軽にチャレンジできるフリスクフェラ。

精神的な興奮はもちろんのこと、チンコのニオイ対策&男性に程よい刺激を与えることができるので、

丸の内OLからは大人気のプレイになっているようです。

セックスレスやマンネリの解消にも役立つので、ぜひ未経験の方は試すのがおすすめです。

今回も街頭アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました♡

次回のアンケート記事もお楽しみに!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

女性からも人気♡【フリスクフェラ】の魅力&体験談を大公開!

女性からも人気♡【フリスクフェラ】の魅力&体験談を大公開!

女性からも大人気の【フリスクフェラ】の魅力&体験談を大公開するわ♡これを読めば【フリスクフェラ】について細かく学ぶことができるわよ。あなたも【フリスクフェラ】セックス満足度を向上させましょう。
Risa |
【フリスクフェラ】って一体なに!?男性が悶絶するフェラテクニック♡

【フリスクフェラ】って一体なに!?男性が悶絶するフェラテクニック♡

【フリスクフェラ】ってご存知!?その名の通り、フリスクを使用したフェラチオのことよ♡それを行うことで男性がイキやすくなったり、最高にオーガズムを感じることが出来るわ♡【フリスクフェラ】のやり方やコツを掴んで、彼を喜ばせましょう♡
Risa |
【2018年2月】山羊座のバレンタインデー前に読んでおきたい官能占い♡

【2018年2月】山羊座のバレンタインデー前に読んでおきたい官能占い♡

2月と言ったらやっぱりバレンタイン♡今月はバレンタインにもピッタリの官能占いもあるわよ!みんなが素敵で激しい夜を過ごせることを祈ってるわ!Happy Valentine's Day♡
Foxy |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Emily Emily