2017年9月3日 更新

【閉経】は人生の新たなスタート♡誰にも聞けない【閉経】の疑問♡

【閉経】時期は人それぞれ異なりますが、一般的には50歳前後と言われています。【閉経】時期に起こる症状や気をつけたいことをご紹介します!あなたも【閉経】と向き合ってみませんか?

【閉経】は人生の新たなスタート♡

Instagram (40994)

閉経という言葉を耳にしても、まだピンとこない方も多いのではないでしょうか。

閉経の時期は人それぞれ異なりますが、一般的には50歳前後と言われています。

私はまだ大丈夫!と思っていても、早い人はもう閉経していたなんてことも。

自分だけが女性でなくなったような気持ちになる閉経ですが、誰でも生きていれば経験すること!

だからこそ、正しい知識を身につけて閉経に備えたい♡

今回は閉経について一緒に考えてみましょう!

【閉経】が起きる仕組みとは?

閉経の定義は生理が一年以上来なくなった、ということが目安になります。

閉経したかな?と思っていても、急に生理が来たり来なかったりするので、閉経の時期は人それぞれです。

・【閉経】が起きる仕組み

Instagram (40995)

女性ホルモンはひとくくりにされがちですが、プロゲステロンとエストロゲンに分かれています。

閉経前はエストロゲン(卵胞ホルモン)が排卵をコントロールして、妊娠をするために様々な活動を行っています。

またプロゲステロン(黄体ホルモン)が受精卵を着床しやすいように、子宮の内膜を厚くしています。

月に一回生理がくるのは、この子宮内膜がはがれて外に出るという仕組みによって行われています。

閉経期はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が減って、バランスが乱れることにより周期や血液の量も不安定になってしまいます。

【閉経】後に変化することはあるの?

・【閉経】時期は体調に気をつけて!

Instagram (40998)

閉経する時期は、女性にとって様々な問題が起こる時期であることを忘れないで!

というのも閉経する時期には、糖尿病や脂質異常症、生活習慣病が増加するとされています。

その他にも肥満や骨粗しょう症も増えてくるので、体調管理も徹底的に行う必要があります。

もう妊娠はしないから女性ではない!といったマイナスな考えは捨て、

今後どのように自分自身と向き合っていくべきかを考える期間として捉えると良いでしょう♡

・男性ホルモンが活発になりプラスな効果もある♡

Instagram (40996)

女性ホルモンは閉経後にバランスが乱れてしまいますが、エストロゲン(男性ホルモン)は減少せずに活発に増えることもあるようです。

エストロゲン(男性ホルモン)が活発になると、興味関心が湧いたり、活発に動くようになったりと社会性が増える♡

閉経後、女性が社会のために活発に動き出すことが多いのもこのエストロゲンのおかげです♡

やりたいことをピックアップして、人生を謳歌するのも楽しみの一つになりそうです♡

【閉経】前後に心がけたいこと♡

・睡眠時間をたっぷりととる!

 (40999)

閉経前後にはイライラや憂鬱など、精神面での不安定さも続きます。

だからこそたっぷりの睡眠時間は心と体のバランスを整えるので重要です。

まずは日付が変わる前に眠りにつく、など自分自身で目標を立ててみましょう!

・適度な運動で適正体重をキープする♡

 (41000)

有酸素運動を行うことで、適正体重をキープすることが可能です。

閉経後には男性ホルモンが活発に働くので、筋力の維持は欠かせない課題となります。

急激なダイエットは体によくないので、ウォーキングやヨガなどのリフレッシュ効果の高い有酸素運動を行うことを推奨します。

・定期的に検診を受ける

Instagram (41001)

閉経前後はホルモンバランスも乱れ、体調も崩しやすいので定期的な検診を受けましょう。

自覚症状が出たら病院へ行く、ということはもちろんですが、

ホルモン検査や健康診断など、特に気をつけて行うことが大切です◎

・やりたいことを我慢せず挑戦してみる!

Instagram (40997)

閉経後の楽しみは好奇心が旺盛になったり、行動力がアップする、という精神面でのワクワク感♡

ボランティア活動に参加してみたり、旅行に出かけたりなど、アクティブに活動するのもおすすめです。

今まで我慢していたこと、躊躇していた事柄に挑戦する良いきっかけとなるでしょう♡

最後に♡

Instagram (41003)

いつかはやってくる閉経。

まだまだ先のこと!と後回しにしないで、今から考えておくと心や体のバランスが崩れたときに乗り越えやすい♡

あなたも閉経について色々考えてみませんか?
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nemu Nemu
ライター募集