2017年8月2日 更新

【統合失調症】と周りの人の関わり方♡統合失調症と向き合うために!

統合失調症は個性の時代!統合失調症の症状と周りの人がどう付き合っていくのか、というのが今後の課題となります。今回は症状の一例を挙げて対処法をお伝えします!

NEWS

統合失調症は個性の時代♡

 (35522)

あなたの周りの嘘つきはもしかしたら、統合失調症という病気の可能性があります。

前回の記事では統合失調症診断をご紹介しましたので、もう一度チェックしてみてくださいね♡
さて、そんな統合失調症と周りの人々が上手に関わっていくにはどのようにすれば良いのでしょうか。

統合失調症は個性の時代!

今回は様々な事例を挙げて、統合失調症との付き合い方をご紹介します♡

【統合失調症】と周りの関わり方

恋人や家族、同僚や上司など、大切な人が統合失調症だった、という場合どのように接すればよいのでしょうか。

強い妄想(周りの人は嘘と感じる場合もあります)や幻覚など、症状がわかっていてもやはり症状と向き合うのは難しいですよね。

接し方を理解することで、あなたの悩みも解消されるかもしれません。

・現実には起っていないことを現実のことのように話す場合(妄想)

 (35523)

妄想は、あるはずのないことをまるで現実のように話している症状です。

・過去に有名な大学や大手企業に勤めていた(そのような経歴は無い)

・ある出来事でお金を儲けることが出来た(現実にはそのような出来事は無い)

・有名人と友達である、著名人の親戚である(空想の世界の話である)

・同僚や上司など日常生活に関わる人が自分の悪口を言っている、いじめられていると相談してくる(そのような事実は一切無い)

このように現実には起っていない出来事を自分の中で作り上げてしまい、信じ込んでしまうのも統合失調症の症状です。

事実とは異なる妄想ですが、周りの人が影響を受けやすいため「嘘をついている」「学歴詐称だ」「裏切られた」といった不信感を感じてしまいます。

もし周囲の人がそのような症状が出ていると感じたときは、否定をするのは避けて下さい。

否定をすることで感情的になったり、あたかも病気になったようにふるまう、といった行動に変化する可能性があります。

症状ですので、肯定も否定もしない、ということがポイントになります。

・自分の身の回りのことがうまくできない(入浴や着替えをしないなど)

 (35529)

統合失調症の症状として、自分の身の回りのことが出来ないということがあります。

重度の場合、何年もお風呂に入れない、歯磨きをしない、といったケースもあるようです。

日常生活に支障をきたすような場合は、入院を進める、という方法もあります。

汗をかいたり、体が痒くなると、自分でお風呂に入るようになる、というパターンも。

まずは周りの人が「お風呂に入ろう!」と根気強く説得することが大切です。

お風呂に入らないと臭くなる、身体が痒くなる、などきちんと伝える必要があります。

周囲の人と一緒に病院へ通い、対処法を相談することも適切な判断です。

一人一人症状は異なりますので、様子をみながらゆっくりと寄り添いましょう。

・急に暴れ出す、暴力をふるう

 (35594)

統合失調症の症状として、暴力をふるう、という症状も一例にあります。

通常、暴力をふるう前や急に暴れ出す前には予兆があるようです。

人それぞれ異なりますが、喜怒哀楽が激しい時、通常よりも大きな声を出している時、

急に歩き出すときなど、落ち着きがない時が予兆のようです。

まずは落ち着かせることが一番!

不安、悲しい、辛い、といった気持ちに共感し、信頼関係を築くことが大切です。

あまりにも症状が大きい場合は、助けを求めましょう。

・話が支離滅裂であり、話が通じないことがある(思考の障害)

 (35526)

・話題がそれて別の話しになってしまう

・整合性の無いことを言い始める

このように話の流れが支離滅裂で、「何を言いたいのかわからない」「話が通じない」「急にだまりこむ」といった思考の障害が出る場合があります。

こういった症状が出る方に対しては、話を簡潔にわかりやすく話す、ということが大切です。

イライラをぶつけてしまうと逆効果ですので、周りの人が冷静になる必要があります。

落ち着いて段階を踏んで説明しましょう!

最後に

 (35598)

統合失調症には様々な症状があり、対処方法は一人一人異なります。

統合失調症の本人はもちろんですが、周りの人もやっぱり辛い。

どういった対処法をすれば良いのか、悩んでいる方の力になればと思います。

様々な人がお互いを理解し尊重出来る世の中にシフトしていきますように。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【統合失調症診断】あなたの周りの嘘つきに困っていませんか?統合失調症は個性の時代♡

【統合失調症診断】あなたの周りの嘘つきに困っていませんか?統合失調症は個性の時代♡

あなたの周りの嘘つきや気分屋に困っていませんか?もしかすると統合失調症かもしれません。統合失調症はきちんと治療をすることで回復へ向かい、仕事へ復帰することも可能です。あなたも統合失調症を個性としてうまく向き合ってみませんか?
Nemu |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nemu Nemu