2017年4月9日 更新

プレママにも必見!学びたいマタニティライフの◯◯!

ママライフはあなたをとってもキュートに、そして強くしてくれる♡ しかし、聞きたくもない情報、間違っていること、色々リサーチしてもどれが正しいのか分からずに不安はつのるばかり。だからこそきちんとした情報を伝えたい!プレママにも必見!マタニティの疑問に迫ります!

幸せのマタニティライフ♡

 (15195)

結婚、妊娠、出産...

女性の幸せの階段とも言える出来事ですが、不安はつきもの。

ママライフはあなたをとってもキュートに、そして強くしてくれる♡

お腹の中の赤ちゃんに、毎日話しかける瞬間はこの世にない幸せの時間ですよね。

いつかは子どもを産みたい!

そう思っている女性も多いはず。

妊娠した幸せなママと、いつか会う赤ちゃんが待ち遠しいプレママに送るマタニティライフのすべてをご紹介します。

気をつけたい、あれこれ3選

私のお腹の中に新しい命が宿っている...

神秘的で不思議で幸せ!

と思っていたけれど、実は不安の方が大きかったなんて声もたくさん聞きます。

一見幸せの絶頂に思える妊娠も、ママにとっては初めてのことだらけ。

自分がママになることも実感が湧かないし不安ばかりですよね。

聞きたくもない情報、間違っていること、色々リサーチしてもどれが正しいのか分からずに不安はつのるばかり。

だからこそきちんとした情報を伝えたい!

✖️No Smorking Or Drinking

 (15063)

妊娠中は、赤ちゃんに悪影響を与えるタバコやお酒は絶対に辞めましょう!

今まではどちらも止められない。

と思っていた人も、五感が変化して、味や香りが敏感になったという声も聞くから神秘的♡

特にママに気をつけて欲しいのが、副流煙です。

自分がタバコを吸っていなくても体に悪影響!

喫煙者の側にいるだけで気分が悪くなった...という声も。

禁煙のレストランやショッピングモールを選ぶと安心です。

今はネットで簡単に調べることが可能なので、お出かけ前にリサーチしましょう♡

また、付き合いで飲みの席に参加することもあるでしょう。

お酒は絶対にNGなので、濃厚なぶどうジュースを飲んで気分だけでも楽しむのがオススメです♡

△ Save to Caffeine

 (15064)

妊娠して気をつけたいのは、カフェイン。

タバコやアルコールなどはお腹の赤ちゃんに悪影響なのが分かるけど、どうしてカフェイン?

と思った方も多いはず!

カフェインを摂取することで、ママのカルシウムの排出を促す危険があります。

ママのカフェイン摂取により、胎盤を通じで赤ちゃんに蓄積されるのだから気をつけなければいけません。

しかし、妊婦さんには先輩ママや家族、友人とのお食事タイムはかけがえのないリラックス時間ですよね。

そんな時にオススメなのがデカフェでの注文!

デカフェとは、カフェインの含むものからカフェインを取り除いたり、カフェインをあえて添加しないようにしたもののことを指します。

Starbucksなどではデカフェのメニューも沢山あるので安心です♡

お店の人に相談することで、店員さんとのコミューニケーションも楽しめますよ!

◎Distribute food care

 (15077)

牛乳はアレルギー対策のために控えるのをオススメします。!

その代わりにソイやアーモンドミルク、ライスミルクにチェンジ♡

生卵は極力セーブしたり、有精卵を選ぶと良いでしょう。

食材に気をくばることは、ママの健康を維持するとともに赤ちゃんにすくすく育ってもらうポイントにもなります。

あれもこれもダメ✖️

と自分に厳しくしすぎるときりがないので、別の食材にシフトするとストレスなく食事を見直せるきっかけになります♡

自分のアレルギー検査も並行して行うべき。

つわりを軽々乗り切りたい!

妊娠=つわり

と連想する方も多いのでは?

体がだるい、気持ち悪い、とにかく眠い...そんなつわりを軽々乗り切りたいですよね。

つわりといっても、一人ひとり感じ方は異なります。

一歩も動けなくなってしまった、という方もいれば、全くつわりがなかった!という妊婦さんも。

もしもつわりがきたときに、軽減法を知っているだけで気分は楽になるはず。

・Let’s walk around

 (15078)

つわりの辛さから、ベッドから出ないなどの自宅に閉じこもりがちな生活になってしまうかも。

遠出をしなくても、家から100メートル歩く、近所をお散歩するなどちょっとしたアクティブを心がけて。

外の空気を吸うことで、つわりから気分が一変、気がラクになる瞬間があるかもしれません♡

外に出るのがどうしても辛い方は、窓から見える景色を眺めたり、空気を入れ替えることでスッキリします。

・Suppress appetite

 (15079)

妊娠中、気になるのが食べづわり。

食べづわりとは、常に口に何かを含んでいないと気分が悪くなってしまうことを指します。

チョコやクッキー、アメなどの糖分を摂取しすぎてしまう原因です。

食欲の抑制が難しく、ケーキやおまんじゅうなどを食べ過ぎて10キロ以上太ってしまうことも...

体重が増加すると、出産のときに悪影響を及ぼします。

三食きちんと同じ時間に食べる、食べづわりを相談するなど、あまり一人で心配を溜めすぎないことが大切です。

気になるマネープラン

 (15190)

中々聞けないお金モンダイ。

家族が増えるからこそきちんと考えたい、マネープラン。

何が一番ベストなのか判断するのは、ママ自身。

そのためには様々な知識を踏まえた上で決断をしなければなりません。

どのように出産をするのかによって、予算は大きく変動します。

納得のいくまでリサーチをして、マネープランを立てましょう!

出産費用は平均で50〜100万円

・健診費用→約10万円

 (15191)

出産までにエコーや検査などを行うので、必要な健診は10回以上!

妊婦健診の受診票を使用すると、補助を受けることが可能です♡

住んでいる自治体によって異なりますが、おおよそ14回ほどの補助を受けられるのでお住いの地域を調べておきましょう!

・マタニティ用品の費用→約5万円

 (15193)

赤ちゃんの成長とともに変化するママの体。

お腹が大きくなるにつれて、いつもの洋服を着るのが難しくなります。

下着や衣類を揃えるのも大事なママライフ♡

・赤ちゃんのためのアイテム→約10万円

 (15192)

赤ちゃんが生まれてきてから、すぐに必要となるおむつなどの出産準備用品。

見落としがちですが、揃えておくと便利です。

おもちゃや衣類など沢山買ってしまいがちですが、必要最低限のものを用意するのがベスト!

特におもちゃなどは、赤ちゃんの好みもあるので生まれてきてから一緒に揃えましょう♡

・出産費用→30〜70万円

 (15196)

出産施設によって、出産方法や費用も大きく変動します。

助産院、個人産院、総合病院の大きく分けて3つの施設から選ぶことになります。

主さん費用も大切ですが、それぞれのメリットとデメリットを把握して自分に合う施設で出産を迎えましょう♡

ママの幸せがBabyの幸せ

 (15189)

生まれてくる赤ちゃんのために、周りのみんなも協力してくれる。

妊娠中は不安だらけだけど、ママの幸せはBabyの幸せであることも忘れないで♡

計り知れない大変なこともあるけど、その分喜びも生まれる。

世界一幸せになってほしいから、ママも沢山頑張れる!

将来のBabyが待ち遠しいプレママも、いつも頑張っているママにも、もっと素敵な日常になりますように...♡
airCloset
4,980円コース

関連する記事 こんな記事も人気です♪

不安脱却!ハッピーマタニティライフ

不安脱却!ハッピーマタニティライフ

妊娠すると女性はホルモンバランスが崩れやすくなります。 ただでさえ美容に常に敏感で、輝きを常に放っていたいと考える女性ですが、妊娠することで様々な悩みが急増する方は多いのではないでしょうか。
Rose |
出産のお祝いに♡絶対に喜ばれるプレゼント!

出産のお祝いに♡絶対に喜ばれるプレゼント!

大切な赤ちゃん。 折角のお祝いですから、絶対に喜んでもらえて使って頂けるものをチョイスしたいですよね。 この記事では素敵なプレゼントをご紹介します♡
Nemu |
マタニティフォトを残そう♡

マタニティフォトを残そう♡

赤ちゃんによる女性のお腹の丸み... 女性のお腹が最も美しく、神秘的で妊娠中にしか体験することが出来ません♡ そんな瞬間を収めるのがマタニティフォトです♡
Nemu |
輝くママでいるためにゲットしたいもの♡

輝くママでいるためにゲットしたいもの♡

ママは忙しいです。しかし現在はママが育児を楽しみながら行えるように研究に研究が重ねられた商品が多く出ています。我が子と過ごすかけがえのない時間をより充実させるために、是非この記事を役立ててほしいと思います。
Rose |
産後ダイエットのモチベーションの保ち方♡

産後ダイエットのモチベーションの保ち方♡

妊娠するとほとんどの方は体重が増えます。お腹の赤ちゃんのことを思うと妊娠中にダイエットはあまりしたくないもの。我が子を産んだ後が勝負ですよね!
Rose |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Nemu Nemu